top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働時間規定の見直し: $82,732という金額は現実的か?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 労働時間規定の更新提案がホワイトハウスに到着し、審査が待たれている

  2. 現行法の労働時間外手当規定の更新を目指す提案は2023年8月に公表予定

  3. 提案の公表は元々2022年秋を予定していたが何度も遅延

  4. 現在の労働時間外手当の金額は年収$35,568で、これは2019年のトランプ政権下で設定された

  5. この金額は10年以上にわたる初の上昇であり、2016年のオバマ政権下で提案された$47,476よりも低い

  6. バイデン政権は新しい金額についてまだ具体的な数字を提供していない

  7. 民主党議員からの2021年の書簡では、労働者の平均給与の55%を金額とする提案があり、それに従うと金額は2026年に$82,732となる

  8. 新たな労働時間規定の提案は、施行される場合は企業の人事政策に大きな影響を与えると予想される

「企業の検討点」

  1. 労働時間規定の更新は、従業員の給与や労働時間に大きな影響を及ぼす可能性があるため、新しい提案に注意深く目を向けるべき。

  2. 新たな金額が設定された場合、企業はその影響を理解し、適切な対策を講じるべき。

  3. 提案された変更がどのように給与計算に影響を及ぼすか、シミュレーションを行うべき。

  4. 労働規定の変更は、企業の給与戦略全体に影響を与える可能性があるため、給与政策の全面的な見直しを検討するべき。




Commentaires


bottom of page