top of page
  • 榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場でのメンタルヘルス改善

職場環境を改善することは、企業の義務である。

ただし企業だけの努力で改善がされるという事ではなく、従業員一人ずつの協力が必ず必要になる。


従業員も当事者の一人であるという意識は改善を行う上で重要なファクターである。


職場環境の改善は、従業員一人ずつのメンタルヘルスの改善にも繋がる。


では従業員一人一人はどのような貢献ができるのか。


◦ 自己評価

上司、部下や同僚とどのように接しているのかを一度考えてみることは重要である。良く言われることであるが、自分がされて嫌なことは相手も同様に感じることが多いであろう。


◦ オープンな会話

職場はプライベートな空間では無い。ただし、オープンな会話が出来るような環境づくりを支援することは非常に重要である。個人的な会話のみならず上司や人事に懸念事項を相談、報告しやすい環境も大切である。


◦ 前向きな行動

ポジティブに行動をすることが必要である。良い日もあれば悪い日もあるが、出来るだけ前向きな姿勢で行動することは、周囲にも良い影響をもたらすことになる。

最新記事

すべて表示
bottom of page