• HR Linqs, Inc.

外食産業の安定 

Moody’s Inventors Services社によると、店内飲食の制限が緩和をされてきている事により外食産業が少しずつ安定性を取り戻してきているようである。

3月中旬以降から始まったロックダウン、外食産業の営業の停止、店内飲食の制限等により、Moody’s社では外食産業の見通しを「消極的(Negative)」と格付けしていた。


しかし、今回の調査によって、「安定(Stable)」という格付けに更新された。同時に2020年の営業利益は30%以上の減少となるものの、2021年度には15%程の回復が見込まれると発表をした。


フルサービスのレストランよりも、ドライブスルーを完備している業態の方が需要が多い状態が継続することも予想している。


業績が回復しているレストランは、テイクアウトが成功をしているため、今後もテイクアウト事業の戦略に注力をする必要がありそうだ。


多くのレストランでテイクアウト、非接触、メニューの削減、値上げが行われている。コロナウィルスにより大きな影響を被った外食産業は引き続き、従来とは異なる方法を模索しながら営業を継続することが必要となりそうだ。

© 2020 by HR Linqs, Inc.