• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

グループ保険の見直し

現在米国の多くの企業が、健康保険費用や保険の見直しを考慮している。

マーサー社が昨年末に発表をした調査結果では、雇用者負担の医療保険の従業員一人当たりの費用は2021年に6.3%も上昇して、2010年以降で最も高い増加率となった。COVID-19が大きく影響していることは言うまでもない。


負担率が増加している中でも、継続して雇用とRetention(定着率)に課題を抱えている企業が多く、この解決策の一つとしてグループ保険や医療費負担に関して改善をしていくという企業が多いようである。


ウィリス・タワーズワトソンの調査結果によると、今後2年間で米国の企業の約65%が保険の見直しを行い、改善をする予定であるという発表がされた。


リモートワークやハイブリッドワークが以前よりも定着をした事によって、バーチャルケアサービスの提供を検討している企業が増加していると共に、最優先事項としてはメンタルヘルス関連の追加・改善を検討しているようである。


その他に、従業員の家族向けのプログラムの強化も挙げられてる。