• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

MA州では引き続きギグ・ワーカーは従業員

カリフォルニア州で最も高額な法案となった、2020年のProp-22。

ギグ・ワーカーを分類(コントラクターか、従業員か)という州法への例外措置を取得するために費やされた費用は2億4,000万ドル以上となった。


マサチューセッツ州ではギグ・ワーカーは従業員と分類することが州法となっている。


本法律が可決されればUberやLyft、DoorDash社のギグ・エコノミ―企業は、コントラクターとしての人員雇用契約が可能となる予定であったが、同法律は却下された。


なお、引き続きギグ・ワーカーはマサチューセッツ州では従業員として雇用をする必要がある。

最新記事

すべて表示