top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

効果的なマネージャートレーニングとその実践法:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  • IT分野等では、技術専門性に基づいて昇進させる傾向があり、新しいマネージャーがリーダーシップに対して準備が整っていないことがある。

  • トレーニングは新しい考え方やポリシーを単に学ぶだけでなく、新しい習慣を身につけるのを助けるべきである。

  • 新しい知識とスキルを定期的に適用することが最も効果的である。

  • マネージャー向けのトレーニングは、必要なスキルとその実践的な適用に焦点を当てるべきである。

  • 新たに習得したスキルは、学習後48時間以内に適用されると最も効果的である。

  • 効果的なトレーニングプログラムは、チームエンゲージメント、ステークホルダー満足度、意思決定、職場文化、信頼と透明性の文化と関連している。

  • トレーニングプログラムはマネージャーの役割に特化し、部門のビジネス目標と整合性を持たせるべきである。

  • トレーニング活動は、個人のコミットメント、学習構造、組織的なサポートの3つの主要な要素に対して特に重視するべきである。

  • 組織は大きなリーダーシップギャップに直面しており、マネージャートレーニングがさらに重要になっている。

  • コーチングがマネージャーを準備し、投資するための有効な方法であり、採用、対立解決、多様性と包括性の取り組みなどのスキルに特に重点を置いている。



Comments


bottom of page