top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場のリーダーシップ:従業員が求める上司の特性とは:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 約四分の一の従業員が、「悪い上司」の下で働いている。

  2. 従業員は上司の評価を行う際、迅速な対応がされるかどうかに重きを置いている。

  3. 対応しない上司は、「悪い上司」と評価される可能性が高い。

  4. 従業員は最悪の上司を「無能」(46%)、「不支援」(46%)、「無礼」(28%)、「不公平」(27%)と評価している。

  5. 一方、最高の上司と評価される人々はプロフェッショナリズム、信頼性、ケアの特性を共有している。

  6. 従業員は上司から信頼性のある、適時に必要なコミュニケーションを求めている。

  7. 悪い上司の下で働く従業員は、職務から離脱する可能性が3倍、次の12ヶ月以内に退職すると述べる可能性が4倍高い。

  8. これらの従業員は健康上の問題(睡眠不足、ストレスによる生産性の低下、飲酒行動の増加)を経験する可能性が高い。

  9. 従業員はマネージャーからより良いコミュニケーションとより多くの支援を求めている。


Comments


bottom of page