top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

UPS、1万2千人のレイオフを発表 / UPS Announces Layoff of 12,000:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

UPSの最新の決断は、アメリカの労働市場における重要な変動を示しています。


大規模な人員削減(Layoff)と売上の減少は、企業の戦略と成長の見直しを余儀なくされている現状を反映しています。


「主要な点」

  1. "UPSの人員削減": UPSは1万2千人の人員を削減することを発表しました。これは、同社の50万人の従業員の約2.4%に相当します。この決定は、労働市場の変動と経済成長の鈍化に対応するための戦略的な措置とされています。

  2. "労働契約後の変化": UPSは5ヶ月前に新しい労使協定に合意しましたが、その後に大規模な人員削減を行うことを決定しました。この契約では、ドライバーの年間給与と福利厚生が最終的に17万ドルになるとされています。

  3. "売上と利益の減少": UPSの第四四半期の売上は7.8%減少し、$24.9億に落ち込みました。また、利益も前年同期の$3.45億から$1.61億に減少しました。

  4. "オフィス復帰の命令": UPSのCEOは、従業員に対して年内にオフィスでの週5日勤務に戻るよう命じました。これは、組織の効率化とコスト削減を目指す一環とされています。

  5. "労働市場の動向": 多くの経済学者は、今年の労働市場が鈍化すると予想していますが、米国がリセッションを回避すると予測しています。

  6. "他の企業の人員削減": UPSは、GoogleやMicrosoftなどの大手テクノロジー企業やeBay、Levis、Macy's、Wayfairなどの小売業者を含む、人員削減を発表した多くの米国の大手企業の一つです。

  7. "労働協定とストライキ回避": UPSは2023年8月にチームスターズとの間で5年間の仮契約に合意し、大規模なストライキを回避しました。この契約は、労働交渉における論争の的となっていました。


「企業の検討点」

  1. "コスト削減の重要性": UPSの人員削減は、経済成長の鈍化に対応するためのコスト削減戦略の重要性を示しています。

  2. "労働契約の複雑性": 労働契約後の大規模な人員削減は、労働契約の複雑性とその予期せぬ結果を浮き彫りにしています。

  3. "投資家の信頼": 株価の下落は、投資家の会社に対する信頼の揺らぎを反映しており、企業はこの点を重視する必要があります。

  4. "経済的展望の理解": 労働市場の動向と経済的展望の深い理解は、戦略的な意思決定に不可欠です。

  5. "従業員の福祉の考慮": オフィス復帰の命令や新しいトラックの空調設置など、従業員の福祉への配慮は、企業の成功において重要な要素です。


「Q&A」

Q1: UPSの人員削減は何人ですか?                          A1: UPSは1万2千人の人員削減を発表しました。


Q2: UPSの最新の四半期利益はどれくらいですか?                   A2: UPSの最新の四半期利益は1.61億ドルです。


Q3: UPSの従業員は週に何日オフィスに出勤するよう命じられましたか?        A3: UPSの従業員は年内に週5日のオフィス出勤に戻るよう命じられました。



Comments


bottom of page