• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ジョブ・オファー 

求人数が増加傾向にあり、売り手市場が継続する中で、求職者も自信をもっているようである。

ニューヨーク連邦準備銀行・マイクロエコノミックデータセンターによる9月7日の発表では、今後4カ月以内に新たな仕事のオファーを受けると回答した労働者の数が増加している。


平均の予想オファー金額は5万7,207ドルで、7月の調査結果である5万4,646ドルからこちらも増加をしている。


Great Resignation(大辞職)と呼ばれている現在の雇用マーケットで企業も人材の維持に苦労をしているようである。


給与額の上昇、学費補助やメンタルヘルスヘルスベネフィットの充実、COVID-19の安全策のアピール等の対応策を取る例もある。


このような対応も重要ではあるが、リモートワークが採用に際して最も重要なファクターの一つとなっているようである。

最新記事

すべて表示