top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

1月、3万9千人がレイオフ / Massive Layoffs in Finance and Tech Shake Up January's Job Market:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

最近の米国内での大規模な人員削減に関するデータは、経済状況の変化と雇用市場(Job Market)の未来に重要な示唆を与えています。


「主要な点」

  1. "大規模なレイオフの現状": 2023年1月、米国では8万2,307人が職を失いました。これは2009年以来の高水準で、特に金融業界と技術業界が大きな影響を受けています。

  2. "金融業界の人員削減": 金融業界では最大で2万3,238人が職を失い、市場条件とコスト削減が主な理由とされています。

  3. "技術部門の職の削減": 技術部門では1万5,806人の職が削減されました。

  4. "雇用計画の減少": 2024年1月の米国の企業による雇用計画は、昨年の同月と比較して大幅に減少し、5,376人にとどまりました。

  5. "失業申請の増加": 1月末の失業保険の申請数は22万4,000件に上り、これは近3か月で最高値です。

  6. "低い失業率の維持": 失業率は3.7%で安定しており、パンデミック前や15年前の金融危機時の水準よりも低いです。

  7. "企業の職削減発表": 1月には複数の大企業が職削減を発表しました。PayPalは2,500人、Microsoftは1,900人、WayFairは1,650人の削減を計画しています。

  8. "金融部門の更なる人員削減": Citiは2万人、BlackRockは約600人の職を削減すると発表しました。


「企業の検討点」

  1. "市場の不確実性への対応": 金融と技術業界での大規模な人員削減は、市場の不確実性に対応する必要性を示しています。

  2. "人材管理戦略の見直し": 大規模な職の喪失は、人材管理戦略の見直しと適応を企業に求めます。

  3. "人員削減に対する準備": 今後も人員削減が続く可能性があるため、これに対する準備と計画が必要です。


「Q&A」

Q1: なぜ金融と技術業界で大規模な人員削減が起こったのですか?            A1: 金融と技術業界は市場の不確実性とコスト削減で大規模な人員削減を行いました。


Q2: 現在の米国の失業率はどの程度ですか?                      A2: 2023年12月時点での米国の失業率は3.7%で、パンデミック前や金融危機時よりも低い水準を維持しています。


Q3: 企業が対応すべき今後の経済状況の変化とは何ですか? A4: 企業は金融と技術業界の動向、低い失業率、そして金利政策の変化に注意し、それに応じた戦略を立てる必要があります。


Q5: 今後の人員削減の可能性にどう備えるべきですか? A5: 企業は人員削減の可能性に備え、適切な人材管理計画と市場変動への対応策を準備することが重要です。



Comments


bottom of page