• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場でのハロウィーン

本日はハロウィーン。

オフィスにもハロウィーン・コスチュームでの出社を可能としている企業も多いのではないだろうか。


このようなイベントを通じて従業員のモチベーションを高めたり、企業内でのコミュニケーションを円滑にすることはポジティブな面も多い。


同時にオフィスはプライベートな空間ではないため、服装規定があることを理解すると共に従業員にも事前に通知することが望ましい。


コスチュームによってはオフィスには不適切な場合もある。


業務の妨げになったり、職場の安全性に影響をもたらすコスチュームは、ハロウィーンであっても認める必要は無い。


また宗教的なクレームにも繋がる可能性があるため、多方面からの配慮も必要である。


イベントの目的を果たすため、ハロウィーン含め、会社でイベントを行う際には、問題につながりうる要素を考慮し事前に対策を取ることが望ましい。

最新記事

すべて表示