top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

大学離れの背景/Behind the Decline: Why Gen Z is Rethinking College:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 大学の新しい価値観:多くのGen Zは、高い授業料に見合う価値が大学教育にあると感じていない。

  2. 費用対効果:公立大学の4年間の授業料は平均10万4,108ドル、私立大学は22万3,360ドル。

  3. 高等教育と給与:大学卒業後4年間、生徒の三分の一は$40,000以下を稼いでいる。

  4. 学生ローンの影響:卒業後、多くの学生は平均$33,500の学生ローンを抱えている。

  5. 新しい優先順位:現代の学生は、仕事を得ることを最優先として大学に入学している。

  6. 学問の変革:ビジネスやテクノロジー関連の分野が人気で、多くの学生がこれらの専攻を選んでいる。

  7. 自由時間の活用:学生は自分のキャリアを向上させるためのワークショップやオンラインコースを受講している。

  8. 人文学の価値の低下:人文科学の専攻者は減少しており、その価値が低下していると感じられている。

  9. オンライン教育の成長:多くの学生がコスト削減のためにオンラインでの学習を選択している。

  10. 高等教育の代替案:従来の大学教育に代わる新しい教育の形が増えてきている。

「企業の検討点」

  1. Gen Zの価値観や優先順位の変化を理解し、適応する。

  2. 大学教育だけでなく、多様な学びの経験やスキルを重視する採用を検討。

  3. オンライン教育や実践的な学習が増える中、新しい形のインターンシップや研修を提供。

  4. Gen Zが重視する価値観やキャリア意識を尊重し、適切なキャリアサポートを提供。

  5. 伝統的な教育の枠を超えて、自社での継続的な学びや成長の機会を提供。


Comments


bottom of page