top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

人材の定着率減少予測? / Employee Retention Rates Drops?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2024年、米国の採用マネージャーの3分の1が従業員のターンオーバー(Employee Retention Rates)が減少すると予測しています。


その主な理由は他社のより良い給与や福利厚生、職場の要求の増加、競争の激しい求人市場などです。


このターンオーバーの増加は企業にとって大きな財務的影響をもたらし、残った従業員にも負担をかけています。


「主要な点」

  1. 2024年の従業員ターンオーバー予測: 33%の米国採用マネージャーがターンオーバー増加を予測。

  2. ターンオーバーの財務的影響: 年間平均$36,295のコストが企業に発生。

  3. 主なターンオーバー理由: より良い報酬や福利厚生、職場の要求増加が主因。

  4. 採用計画の増加: 88%のマネージャーが2024年の採用を計画。

  5. 従業員体験の優先順位: 企業文化やリーダーシップ開発に焦点を当てる。

  6. 人材保持のための報酬戦略: 給与や総報酬の見直しに注力。

  7. 労働市場の変動: 労働市場の安定性やリーダーシップへの信頼減少がターンオーバーに影響。


「企業の検討点」

  1. 従業員の定着戦略の見直し: ターンオーバー増加予測を受け、人材保持のための新たな戦略を検討する必要があります。

  2. 経済的影響の認識: ターンオーバーによる高額なコストを理解し、予防策を講じることが重要です。

  3. 競争力のある報酬パッケージ: 従業員が他社に移る主な理由として挙げられるため、報酬パッケージの競争力を高めることが求められます。

  4. 職場環境の改善: 職場の要求増加がターンオーバーの一因となっているため、職場環境の改善が必要です。

  5. 採用と定着のバランス: 採用計画と並行して、従業員の定着率向上にも注力する必要があります。


「Q&A」

Q1: 2024年に従業員ターンオーバーが増加すると予測される理由は何ですか? A1: より良い報酬や福利厚生、職場の要求増加、競争激化の求人市場が主な理由です。


Q2: 企業はターンオーバー増加にどのように対応していますか? A2: 採用計画の増加や従業員体験の改善、報酬戦略の見直しなど、様々な対策が講じられています。


Q3: ターンオーバーが企業に与える経済的影響はどの程度ですか? A3: 年間平均で36,295ドルのコストが発生し、20%の企業では10万ドルを超えると報告されています。



Σχόλια


bottom of page