• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

サンフランシスコ市の新たな条例

カリフォルニア州内でも、サンフランシスコ市の条例は特に多い。

20222年2月12日からサンフランシスコ市ではDomestic Workers’ Equal Access to Paid Sick Leave Ordinance(DWEAPSLO)が発効された(ただし管理システム開発のため、実際に施行されるのは2023年2月12日)。


Domestic Worker、つまり家事労働者がPaid Sick Leaveを使用できるようにした制度である。


家事労働者が雇用主を変更した場合も、Sick Leaveを保持、使用をすることが可能となるものである。


Domestic Workerとして、この条例が適用となる労働者は以下のとおり。

  • 子供のケアサービス

  • 病人、障害者、高齢者の非医療的ケアサービス

  • 掃除、料理、ガーデニングやその他家庭内での家事サービス

Domestic Workerには血縁関係のある場合や、「家族」と認定される場合、公的資金で給与が支払われている医療従事者、18歳未満の未成年、業務が月5時間未満の個人等は含まれない。

最新記事

すべて表示

8月のJOLTS