top of page
  • 榊原 将/HR Linqs, Inc.

配送はドローンで

購入した商品がドローンで配送される。

色々と制限はあるものの、試験的に導入する企業が増えてきている。


全米最大の民間企業であるウォルマート社でも、条件付きであるが国内の数拠点で導入されることが決定している。


DroneUpとうい名称で、アリゾナ州、フロリダ州、テキサス州の一部店舗で開始することが発表された。


アリゾナ州ではフェニックス市の4店舗、フロリダ州タンパ市・オーランド市の7店舗、そしてテキサス州ダラス市の11店舗から1マイル以内の顧客のみが対象であるが、同日午前8時から午後8時までの間に商品を購入することでDroneUpでの配送を選択することが可能となる。


配送料は3.99ドル、1万点以上の商品が最短で30分で配達されるというプログラムとなっている。


ウォルマートは全米に4,700店舗以上あるので、まだまだごく一部地域ではあるものの、まずは6州400万世帯をカバーすることを目指しているという。


個人的には一度使用してみたいサービスではある。

bottom of page