• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

移民の減少=人材不足

労働不足が続いている。

トランプ政権の際の移民の規制やCOVID-19の影響により、米国への移民数が大きく減少しており、COVID-19以前の移民数は現在よりも200万人ほど多い人数となっていたようである。


この移民の減少が、直接的に現在の雇用マーケットでの人材不足に関連しているようである。


米国の産業を支えているのは、移民であると言われている。移民が減少すると、様々な側面から大きなインパクトがあるのが分かる。

最新記事

すべて表示