top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Criminal History Regulations アップデート: 10月からの変更点とは?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. California Civil Rights DepartmentがFair Chance Actの下での犯罪履歴使用に関する規定を改訂。

  2. 職を求める際、特定の条件を除き、犯罪履歴の問い合わせが禁じられる。

  3. インターネット検索や求人広告などでの犯罪履歴に関する記述が制限される。

  4. 応募者が自発的に犯罪履歴を明らかにした場合、雇用条件付きオファー前には考慮禁止。

  5. 犯罪履歴に基づいて雇用を拒否する場合、詳細な個別評価が必要。

  6. 評価基準に、犯罪の性質や重大性、犯罪からの経過時間、求められる職の性質を考慮。

  7. 犯罪の文脈や障害、被害の程度など、新しい評価基準が追加。

  8. 雇用オファーの取り下げの際、応募者は反論の機会を持つ。

  9. 雇用者は、特定の証拠の提供を要求することはできない。

  10. 現在の雇用主で別のポジションを希望する従業員や、経営方針の変更で犯罪履歴のレビュー対象となる従業員も「applicant」として扱われる。

「企業の検討点」

  1. 犯罪履歴の使用に関する新しい規定に適切に対応するための綿密な準備が必要。

  2. 雇用選考プロセスを再評価し、必要な変更を行う。

  3. 法的助言を求め、企業のポリシーやプラクティスを更新すること。

  4. 応募者の権利を尊重し、公平で透明な雇用プロセスを維持すること。



Comments


bottom of page