top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

NY州でのチックフィレイの挑戦!? / Chick-fil-A Faces New Challenge with Proposed 7-Day Service Requirement:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

ニューヨーク州議会が提案した新法案「Rest Stop Restaurant Act」は、サービスエリア内の飲食企業に週7日の営業を義務付ける可能性をもたらしています。


この動きの中心には、創業者の宗教的信念に基づき、従業員の休息と礼拝を重視し日曜日に休業しているチックフィレイがあり、その営業方針に大きな変化が迫られています。


  1. 新法案「Rest Stop Restaurant Act」の概要ニューヨーク州が提案する法案は、サービスエリアの飲食企業に週7日営業を義務付けることにより、旅行者へのサービス提供を強化します。

  2. チックフィレイの現状と新たな挑戦日曜日の休業で知られるチックフィレイは、新法案により週7日営業を余儀なくされることで、その伝統的な営業方針に大きな変化が迫られています。

  3. 旅行者のニーズと公共の利益法案はサービスエリアを利用する旅行者にとって、より便利な食事の選択肢を提供し、同時に公共の利益を考慮したサービス改善を目指しています。

  4. Applegreenとチックフィレイの関係アイルランドのApplegreenがサービスエリアの運営を引き継ぐことで、チックフィレイを含む多くの飲食店に影響が及んでいます。

  5. 他業界への影響この法案はチックフィレイだけでなく、サービスエリア内の他の飲食企業にも影響を与え、業界全体の営業慣行に変革をもたらす可能性があります。

  6. 法案に対する反対意見一部の人々は、従業員の休息権や伝統的な営業方針を尊重すべきだと主張し、法案に反対しています。

  7. 国際的視点で見る営業方針世界各国の営業時間に関する法規制とチックフィレイの方針を比較することで、異なる文化的、経済的背景が営業戦略にどのように影響するかを理解できます。

  8. 契約と経済的考慮チックフィレイがThruwayとの長期契約を結んでおり、法案の施行はこれらの契約関係に加えて、経済的側面にも影響を与えることが予想されます。



「企業の検討点」

  1. 「法的および契約上の義務」:新法案が承認された場合の法的な義務と、既存契約との整合性について企業が検討すべき点。

  2. 「ブランドイメージと顧客の期待」:日曜営業の導入がチックフィレイのブランドイメージや顧客の期待にどのような影響を及ぼすか。

  3. 「人材管理と運営コスト」:週7日の運営に移行することによる人材管理の課題と追加コストの検討。

  4. 「公共の利益と企業倫理」:公共の利益を最大化するという観点から、企業が取るべき倫理的な姿勢と責任についての検討。

  5. 「市場の動向と競合分析」:同様の営業時間変更を行っている他の企業や業界のトレンドと比較し、競合他社との位置づけを検討。


「Q&A」

Q1: ニューヨーク州が提案する新法案「Rest Stop Restaurant Act」の主な目的は何ですか?                                        A1: この法案は、サービスエリア内の飲食企業に週7日の営業を義務付け、旅行者に安定した食事提供サービスを保証することを目的としています。

Q2: チックフィレイが日曜日に営業を開始することで、どのような利点と欠点が考えられますか?                                      A2: 利点としては、旅行者の利便性の向上や売上の増加がありますが、欠点としては、休息日の喪失やブランドイメージの変化が挙げられます。

Q3: 法案が承認された場合、チックフィレイにとっての最大の課題は何ですか?     A3: 週7日営業への移行に伴う人材管理、運営コストの増加、およびブランドイメージの維持が主な課題となります。

Q4: チックフィレイが日曜日に休業している理由は何ですか?             A4: チックフィレイは創業者のトゥルエット・キャシー氏のキリスト教に基づく宗教的信念に従い、従業員に礼拝の時間と家族と過ごすための休息を提供する目的で日曜日に休業しています。これは創業以来続く同社の伝統的な方針です。



Comments


bottom of page