• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州のSupplemental Paid Sick Leave

カリフォルニアのニューサム州知事は、企業が従業員のCOVID-19からの回復や家族の看病のために最大2週間のPaid Sick Leaveの提供を義務付ける法案に合意をした。

今回の新たな法案も昨年9月30日に失効したSupplemental Paid Sick Leave(SPSL)同様のものとなる可能性が高い。


オミクロン株による感染が拡大している中で、適用される企業(従業員数)や新たなSick Leaveが「いつから」適用されるのかは正式発表を待つ必要があるが、提供する義務があるのは最大で10日間(2週間)となる見込みである。


この時期に合意されたということを踏まえると、同法の適用が2021年(税金の関係もあるので)の10月に遡るということは無いのではないかと個人的には思う。


遡るとすると2022年1月から9月30日までの9か月間が対象となるのではないだろうか。


2020年、2021年に続いて3年連続でCOVID-19関連の病欠の提供が義務付けられることで、まだCOVID-19禍中であることを再認識させられる。


以下はCA州からの発表が記載されたリンクをとなる。


カリフォルニア州の病欠についてのアナウンスメント

最新記事

すべて表示