• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

バンク・オブ・アメリカの最低時給が22ドルに

バンク・オブ・アメリカが社内の最低時給を22ドルに引き上げるという発表をした。

現時点でも21ドルと高水準でありながら、さらに賃金を引き上げる理由は現在のインフレと関連している。


同社が最低賃金を引き上げたのは7カ月前、その時点で2025年までに最低時給を25ドルにすることを発表していたが、予想よりも早い段階で時給をさらに1ドル増加して22ドルにすることが決定されたようである。


時給22ドルを年俸換算すると4万5,760ドルとなる。


カリフォルニア州やニューヨーク州にいるとなかなか分かり辛いが、バンク・オブ・アメリカの本社はノースキャロライナ州シャーロットにあり、この地域の最低賃金は連邦法と同額、つまり7.25ドルである。


またシャーロットのみならず、今も連邦最低賃金が導入されている州は多数ある。


バンク・オブ・アメリカではその3倍もの最低時給が保証されており、非常に魅力的な報酬額と見られるのではないだろうか。