top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年米国における様々な平均給与の実態⑥「職業別平均給与額」 / The Reality of Various Average Salaries in the U.S.:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国では、職業によって平均収入(Average Salaries)に大きな差が存在します。


管理職や専門職など、専門的なスキルや知識を要する職業は、一般的に高い収入を得ています。これに対し、サービス業やオフィスワーク、販売職などでは、相対的に低めの収入となっているのが現状です。また、自然資源、建設、メンテナンス関連の職業や、生産、輸送、物資移動に関わる職業も、異なる収入水準を示しています。


特に、生産、輸送、物資移動に従事する男性の週収は、他の同職種の平均年収と比較しても、その違いが顕著に表れています。これらの情報から、職業選択が個人の経済状況に与える影響の大きさを改めて認識することができます。


職業によって収入が大きく変わることは、キャリア選択や職業訓練の方向性を考える上で重要な要素となります。


「職業別平均給与額」

職業

平均

男性

女性

管理・専門職・関連職

$79,612

$92,300

$69,888

サービス業

$36,972

$41,236

$34,424

販売・事務系職業

$48,308

$53,248

$45,136

天然資源、建設、保全関連

$51,636

$52,364

$34,528

生産、運輸、資材運搬の職業

$43,316

$46,956

$35,776




Comments


bottom of page