top of page

2024年米国における様々な平均給与の実態④「人種別平均給与額」 / The Reality of Various Average Salaries in the U.S.:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国内での人種別平均収入(Average Salaries)に関する最新の統計は、深刻な収入格差を浮き彫りにしています。


特にHispanicsとLatinosの年間平均収入が$45,968で最低である一方でAsian Americansは$79,456と最高の収入を得ており、その差は顕著です。


教育レベルの不平等がこの格差の根本原因の一つと指摘されており、性別による収入差も無視できない問題として存在します。


Ethnicity

Average Salary

US Average

$59,540

Caucasians

$60,164

African Americans

$50,284

Asian Americans

$79,456

Hispanic/Latinos

$45,968

この表は、人種別および性別による米国の中央値給与を示しており、米国平均との差、性別間


「主要な点」

  1. 人種別平均収入の現状: 米国での人種別平均年収は、HispanicsとLatinosが$45,968で最低、Asian Americansが$79,456で最高という著しい収入格差が存在します。この格差は教育と機会の不平等に根ざしています。

  2. 収入格差の原因: 不平等な教育機会と資源の分配が、人種間の収入格差の主要な原因となっています。2022年の研究では、African AmericansとHispanicsの学士号保持者が他の人種に比べて少ないことが明らかにされました。

  3. 人種別収入と国家平均の比較: Asian Americansの平均年収は米国平均を約$20,000上回りますが、HispanicsとLatinosは$13,000以上低く、African Americansは$9,000以上低い収入となっています。

  4. Caucasiansの収入状況: Caucasiansの平均年収は$60,164で、これは米国平均よりわずかに$624高いに過ぎません。

  5. 収入格差への対策: 教育アクセスの改善と機会の均等化が、人種間収入格差を縮小させるための鍵となります。具体的な政策やプログラムの実施が求められています。

  6. 教育の重要性: 現状では高等教育を受けた人々が高収入を得やすい傾向にあるため、教育への投資は収入格差を解消する重要な手段です。


「企業の検討点」

  1. 教育への投資の重要性: 高等教育へのアクセスを改善することで、企業はより多様な才能を引き寄せ、収入格差を縮小することができます。

  2. 多様性と包括性の促進: 人種や性別による収入格差を認識し、多様性と包括性を重視した職場環境の構築が必要です。

  3. 職業訓練プログラムの強化: 従業員のスキルアップとキャリア機会の拡大を目指した職業訓練プログラムの提供が、収入格差解消に貢献します。

  4. 公正な報酬体系の確立: 性別や人種に基づかない公正な報酬体系の確立が、企業の社会的責任を果たす上で重要です。


「Q&A」

Q: なぜ米国で人種別に収入格差が存在するのですか? A: 教育機会の不平等や歴史的な社会構造、さらには職場における差別など、複数の要因が組み合わさって人種別の収入格差が生じています。

Q: 収入格差を解消するためにはどのような取り組みが必要ですか? A: 教育へのアクセス改善、職業訓練プログラムの提供、多様性と包括性を重視した職場環境の構築など、多角的なアプローチが必要です。

Q: 企業が収入格差解消に貢献するにはどうすればよいですか? A: 企業は多様性と包括性の促進、公正な報酬体系の確立、未来指向の人材育成政策を策定することで、収入格差解消に貢献できます。





Commentaires


bottom of page