top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

401kミリオネアの増加率43% / 43% Increase in 401k Millionaires:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

Fidelity Investmentsによると、401(k)ミリオネアの数が昨年から43%増加し、現在485,000人に達しています(401k Millionaires)。


「主要な点」

  1. 401(k)ミリオネアの増加:2024年第1四半期の401(k)ミリオネアの数は485,000人に達し、前年から43%の増加を記録しました。

  2. 平均貯蓄期間:401(k)ミリオネアがこの成果を達成するのに平均で26年かかっています。

  3. 貢献率の重要性:これらのミリオネアは、平均して17%の貢献率を維持しています。

  4. 401(k)アカウントの平均残高:2024年第1四半期の401(k)アカウントの平均残高は125,900ドルで、前年から16%増加しました。

  5. 403(b)とIRAの残高:403(b)アカウントの平均残高は113,000ドル、IRAアカウントの平均残高は127,745ドルで、どちらも前年から増加しています。

  6. 退職貯蓄率の記録:第1四半期の平均401(k)貯蓄率は14.2%に達し、Fidelityの推奨する15%に近づいています。

  7. 世代間の貯蓄比較:15年間連続で貯蓄を続けたX世代の平均残高は543,400ドルで、ベビーブーマーの543,200ドルを上回りました。

  8. 401(k)ローンの利用:第1四半期には、17.8%の労働者が401(k)アカウントからローンを借りており、この割合は前年の16.7%より増加しています。

  9. 小規模企業の退職プラン:小規模企業の退職プランの平均残高は152,000ドルで、従業員の貢献率は8%です。

  10. 継続的な貯蓄のメリット:継続的な貯蓄がアカウント残高の増加に寄与しており、15年間貯蓄を続けた人々の残高は平均で7%増加しました。


「企業の検討点」

  1. 従業員の退職プラン提供の重要性:企業は従業員に退職プランを提供し、長期的な貯蓄を奨励することで、従業員の将来の安定をサポートする必要があります。

  2. 貢献率の促進:従業員がより高い貢献率を維持できるよう、教育プログラムやインセンティブを提供します。

  3. 401(k)ローンの管理:企業は従業員が401(k)ローンを適切に管理できるよう支援し、必要に応じて財務アドバイスを提供します。

  4. 小規模企業の退職プラン強化:小規模企業でも従業員が十分な退職貯蓄を行えるよう、さまざまな退職プランオプションを提供します。

  5. 継続的な貯蓄のメリット強調:長期的な貯蓄の重要性を従業員に伝え、定期的な貯蓄習慣を促進します。


「Q&A」

Q1: 401(k)ミリオネアになるためにどれくらいの時間がかかりますか?平均で26年かかります。


Q2: 401(k)アカウントの平均残高はどれくらいですか?2024年第1四半期の平均残高は125,900ドルです。


Q3: 貢献率の目標はどれくらいですか?Fidelityは15%の貢献率を推奨しています。


Q4: 企業が従業員の401(k)貢献率を高めるためにはどのようなインセンティブが有効ですか?マッチング制度やボーナス、財務教育プログラムを通じて貢献率を高めることが効果的です。


Q5: 小規模企業が従業員に効果的な退職プランを提供するためにはどのような方法がありますか?SEPs、Simple IRA、自営業401(k)などの多様な退職プランオプションを提供します。



Comentarios


bottom of page