top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

新時代の労働スタイル:週4日制の可能性/New Era of Work: The Potential of a 4-Day Workweek:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

週4日労働制の導入は、単に労働時間を凝縮する以上の意識的な取り組みが必要です。


成果に基づく仕事の評価、生産性向上に焦点を当てた習慣の導入、そして従業員の柔軟性と自律性の促進が鍵となります。


パンデミック後の新しい労働環境において、週4日労働制は、従業員のメンタルヘルスの向上、ワークライフバランスの改善、さらには企業収益と雇用の増加に寄与しています。


この新しい労働モデルを成功させるためには、真の「労働時間の削減」への理解と、文化的なシフトが求められます。


  1. 週4日労働制の導入: 週4日労働制を成功させるためには、CHROや他の組織リーダーが意識的に仕事を再設計し、従業員が技術ベースの生産性と時間節約ツールを活用するよう支援する必要がある。

  2. 成果に基づく仕事の測定: 成果に貢献する仕事を評価し、各タスクやプロジェクトに対する責任を割り当てる。

  3. 生産性に焦点を当てた習慣の導入: 従業員が「トップオブライセンス」で運営し、会議や管理業務による気晴らしを避ける。

  4. 柔軟性と従業員の自律性への新しいアプローチ: 非同時通信を取り入れ、従業員が自分の生産性の実践を採用することを奨励する。

  5. 生産性と仕事の再設計に焦点を当てた新モデル: パンデミック後の環境では、生産性と仕事の再設計に焦点を当てた新しいモデルが登場している。

  6. 従業員の健康とワークライフバランスの向上: トロントのマーケティング会社の事例では、週4日労働制が従業員のメンタルヘルスとワークライフバランスを大幅に改善。

  7. 企業収益と雇用の増加: 4 Day Week Globalの試験プログラムの結果、参加企業の収益と雇用が増加。

  8. 労働市場への適応: 週4日労働週を提供する求人が増えているが、全体的な数は少ない。

  9. 工場労働者への適用の課題: 週4日労働制を工場労働者にも適用しようとした企業は、安全性や残業、金曜日の勤務への従業員の抵抗など、複数の問題に直面。

  10. 真の「労働時間の削減」の実現: 成果に基づく仕事の測定や従業員の集中力、柔軟性、自律性を高める実践と組み合わせることで、「40時間の労働を4日間に凝縮する」モデルを超える成果が得られる。

「企業の検討点」

  1. 成果主義への移行: 成果に基づく仕事の評価と責任の明確化。

  2. 生産性向上への取組み: 従業員の生産性に焦点を当てた習慣と環境の提供。

  3. 柔軟性と自律性の促進: 従業員が自分の生産性の実践を選択し、非同時通信を活用する自由を提供。

  4. 新しい労働環境への適応: パンデミック後の労働環境における生産性と仕事の再設計への対応。

  5. 労働時間削減の本質的な理解: 労働時間の単なる凝縮ではなく、成果主義と従業員の自立を融合したアプローチ。


「Q&A」

  1. Q: 週4日労働制を導入する主な利点は何ですか?                A: 主な利点には、従業員のメンタルヘルスの向上、ワークライフバランスの改善、生産性の向上、企業収益の増加があります。

  2. Q: 週4日労働制を導入する際の課題は何ですか?                A: 課題には、労働時間の再配分、成果主義への移行、従業員の柔軟性と自律性の促進、文化的シフトが含まれます。

  3. Q: すべての業界で週4日労働制が適用可能ですか?               A: すべての業界で適用可能とは限りません。特に工場労働者などの物理的労働を伴う職場では、適用が困難な場合があります。適用可能かどうかは、各企業の特性と要件を考慮して判断する必要があります。




Commentaires


bottom of page