top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

勤務時間の短縮トレンド:生産性はどうなった?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 勤務時間が年間で平均37分短くなって10時間/日に。

  2. 労働者は前の5四半期よりも約30分早く仕事を終えている。

  3. この変化は生産性の損失をもたらさず、むしろワークロードのバランスの改善を意味する。

  4. 2022年1月から2023年6月までの38百万時間以上の分析では、総労働時間は前四半期と比較して変わらず、前年と比較して6分のみ減少。

  5. 超過労働の従業員の数は第2四半期および前年と比較して13%減少。

  6. 平均的な勤務時間は、金融サービス業の従業員は平均よりも約1時間長く、保険業界の従業員は約1時間短い。

  7. 保健職の超過労働率は43%高い。

  8. この分析では生産性は安定していたが、他の報告では労働者の生産性は5四半期連続で下落している。

  9. ハイブリッドワークの一部の側面は生産性の損失に寄与している可能性があり、約半数の従業員がITの問題で毎週数時間の生産性を失っている。

「企業の検討点」

  1. 従業員の労働時間を減少させても生産性を維持または向上させることが可能である。

  2. 労働時間の短縮は、従業員の福利厚生やワークライフバランスの向上に寄与する。

  3. IT問題は生産性の大きな障害となる可能性があるため、それを解決することが重要。

  4. 業界によって労働時間や超過労働の傾向が異なるため、対策は業界特有のものが必要。

  5. 生産性の下落の背後には複数の要因があり、それらを理解し対策を講じることが重要。


bottom of page