top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

9時から17時: 新しい働き方の需要/The Return of Traditional Work Hours:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 働き方の過小評価: リーダーは、従業員が明確な勤務時間を希望する人数を過小評価している。

  2. splittersとblenders: splittersは勤務時間外に仕事をしないスタイル、blendersは仕事と私生活を融合させるスタイル。

  3. リーダーの期待: Fortune 500のCHROの調査で、24%がsplitters、76%がblendersだと考えていた。

  4. 実際の調査結果: 45%がsplittersのスタイルを好むと回答し、55%がblendersのスタイルを好むと回答。

  5. 生産・フロントラインの従業員: 62%がsplitters、38%がblendersと回答。

  6. 働き方の不一致: 自分の好む働き方と異なる場合、リスペクトされていないと感じやすく、離職のリスクが増加。

  7. 働き方の確認: リーダーは、従業員がsplittersかblendersかを確認するべき。

  8. 産業ごとの違い: 生産・フロントライン従業員の59%がsplittersだったが、医療・ソーシャルサービス従業員の54%がblendersだった。

  9. 仕事のバランスの不一致: 従業員が働き方に不満を感じる場合、ワークライフバランスの不足が主な離職の理由に。

  10. 従業員の希望の確認: 勤務スタイルの希望やスケジュールの強みを確認することで、従業員の満足度や継続率を向上させる。

「企業の検討点」

  1. 従業員の働き方の希望を正確に理解することが重要。

  2. 組織内のコミュニケーションの改善で離職リスクを低減。

  3. 働き方の選択を従業員に任せることで、生産性と満足度を向上。

  4. 異なる働き方のスタイルを尊重し、それに合わせたフレックスタイム制度の導入を検討。

  5. 定期的なフィードバックやアンケートを実施して、従業員のニーズを把握。


Comments


bottom of page