• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

還付金と「Where’s My Refund」

Internal Revenue Service(IRS: 内国歳入庁)が2020年のタックスリターンの申請受付を2月12日に開始した。

振り込みでの設定をした上で申告をした納税者は、申告後約3週間程度で還付金が振り込まれる可能性があり、多くの納税者がこの振り込みを待っている状況である。


納税者はWhere’s My Refundというオンラインポータルで、還付金のステータスを確認することが出来るが、現状このWhere’s My Refundで不具合が生じていることが問題となっている。


この問題はIRSも理解しており、ポータルの不具合解決に向けての取り組み状況を公表しているが、併せて還付金の振り込みが遅延するのではないかという納税者の懸念に対しても回答を発表した。


この発表によると、Where’s My Refundの不具合と還付金の振り込み遅延は無関係であるというものであった。


コロナウイルスの影響によって、通年より多くの納税者が還付金の振り込みを待っている現状と思われるが、還付金の振り込みの時期について、例年以上に大きな問題として捉えられているようである。


以下のリンクからWhere's My Refundの確認が可能である:


Where’s My Refund

最新記事

すべて表示