top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

H-1Bビザ更新プログラム開始/US Initiates In-Country H-1B Visa Renewal Program:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

アメリカ合衆国が12月に開始するH-1Bビザの国内更新プログラムは、特にインド人技術者にとって大きな意味を持ちます。


このプログラムは、20,000件のビザを最初の3か月間で発行し、米国での長期滞在者が国外に戻ることなくビザを更新できるようにすることを目的としています。


これは、米国労働市場における外国人技術者の役割を強化し、非常に肯定的なニュースとなっています。

  1. 「H-1Bビザ更新プログラムの開始」: 12月に開始されるこのプログラムは、特定のH-1Bビザ保持者が米国内でビザを更新できるようにする。

  2. 「技術者への大きな影響」: 多くの技術者がこのプログラムにより、ビザ更新の際に故郷に戻る必要がなくなる。

  3. 「20,000件のビザ発行」: プログラムは最初の3か月で20,000件のビザを発行する予定。

  4. 「米国ミッションの負担軽減」: このプログラムにより、米国ミッションは新規申請者に集中できるようになる。

  5. 「長期滞在者への焦点」: プログラムは、米国で長期に滞在する労働ビザ保持者を対象としている。

  6. 「2024年への拡大計画」: 米国務省は、プログラムを2024年にはさらに多くの労働者カテゴリーに拡大する計画。

  7. 「連邦登録通知の詳細」: 近日中に公開される連邦登録通知には、手続きの詳細や適格基準が記載される。

  8. 「国外渡航の必要性排除」: 米国内でビザ処理が完了するため、申請者は国外への渡航が不要になる。

  9. 「好評」: 多くのH-1Bビザ保持者にとって好影響が期待される。

  10. 「コミュニティリーダーのコメント」: コミュニティリーダーはこの決定を称賛し、インド人技術者にとっての重要性を強調。

「企業の検討点」

  1. 「ビザ更新プロセスの合理化」: 企業は、従業員のビザ更新が国内で容易になることから恩恵を受ける。

  2. 「技術者の確保」: 技術者を雇用する企業にとって、ビザ更新の容易化は、人材の安定供給につながる。

  3. 「労働市場への影響」: このプログラムは、米国の労働市場におけるインド人技術者の役割を強化する。

  4. 「運営の効率化」: 米国ミッションの業務効率化は、新規ビザ申請者の待ち時間短縮に寄与する。

  5. 「長期的な戦略の見直し」: 企業は、このプログラムが拡大する可能性を考慮して、長期的な人材戦略を見直す必要がある。

「Q&A」

Q1: このH-1Bビザ更新プログラムは、どのような人々を対象としていますか?

  • 回答: このプログラムは、米国で長期に滞在しているH-1Bビザ保持者を対象としています。特に、技術的な専門知識を持つ外国人労働者が利用することができます。

Q2: プログラムの利点は何ですか?

  • 回答: 最大の利点は、ビザ保持者が国外に出る必要がなく、米国内でビザを更新できることです。これにより、手間や時間、費用が大幅に削減されます。

Q3: このプログラムの将来の展望はどうなっていますか?

  • 回答: 米国務省は、2024年までにこのプログラムをさらに多くの労働者カテゴリーに拡大する計画を持っています。これにより、より多くの外国人労働者が利益を受けることが期待されています。



Comments


bottom of page