top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

オフィス供給過多: テキサスの事例/The Hidden Truth Behind Texas' Vacancy Rates:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. テキサスの高い空室率 アメリカの高いオフィス空室率は主にテキサスに集中。Houston, Dallas, Austinがトップ。

  2. オフィスの帰還率 Houston, Austin, Dallasが10大都市の中で最もオフィスに復帰している都市。

  3. 過去の建設ブーム 1980年代に税制と緩い融資条件により、テキサスでは大量のオフィスビルが建設された。

  4. 過剰な建物供給 アメリカのオフィス市場の問題は主にリモートワークではなく、建物の過剰供給。

  5. 新旧の競合 新しく建てられたオフィスビルと1980年代、90年代に建てられたビルとの競合が激化。

  6. サブアーバンの老朽化オフィス 大都市周辺の郊外には新世代のデスクワーカーには人気がない古いオフィスビルが多い。

  7. リモートワークの長期的影響 リモートワークが広まりつつあるが、多くの企業が長期契約でオフィスを保有しているため、即座の影響は限定的。

  8. Austinのオフィス市場 過去7年間で多くのオフィスが建設され、新旧のオフィスとの競合が激化。

  9. Houstonのエネルギーセクターと空室率 エネルギーセクターへの依存が高いHoustonでは、2014年の原油価格の暴落が空室率の上昇を引き起こした。

  10. 物件の評価額の下落 HoustonのGreenway Plazaオフィスコンプレックスでは、評価額が過去4年間で半分以下に落ち込んでいる。

「企業の検討点」

  1. 市場ニーズと供給バランスの重要性。

  2. 新しい世代の働き手のニーズを理解し、オフィス選択を行う。

  3. リモートワークのトレンドを考慮し、オフィスの供給計画を調整する。

  4. エネルギーセクターなどの特定の産業に依存するリスクを管理する


Comentarios


bottom of page