top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州におけるオンラインギャンブルの現状とアメリカ先住民族の影響力 / The Current State of Online Gambling in CA and the Influence of Native American Tribes:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

カリフォルニアは全米でも最大級の経済力を持つ州でありながら、スポーツベッティングの合法化には至っていません(The Current State of Online Gambling)。


検証結果によると、州が潜在的に得られる年間約5億ドルの税収を失っているようです。


今年のスーパーボウルには約230億ドルが賭けられており、多くの州が既にスポーツベッティングを合法化している中、カリフォルニアは大きな可能性を秘めているものの色々な背景があるようです。


「主要な点」

  1. スーパーボウルの賭け金の規模:今年はアメリカ全国でスーパーボウルに約230億ドルが賭けられました。カリフォルニア州民もこの中で大きな割合を占めていますが、州内での合法的な賭けは認められていません。

  2. カリフォルニアの合法化への道のり:カリフォルニアでは、オンラインスポーツベッティングを含むスポーツベッティングの合法化が進んでいません。これにより、大量の税収損失が発生しています。

  3. 部族の権利と影響力:カリフォルニアのネイティブアメリカン部族はギャンブル業界における独占権を持っており、スポーツベッティングの法案に対する大きな影響力を有しています。

  4. 合法化提案の失敗:過去に2度の投票がありましたが、激しい反対広告キャンペーンの影響で、スポーツベッティングの合法化案はいずれも失敗に終わっています。

  5. 部族との協力の重要性:法的にスポーツベッティングを進めるためには、部族との協力が必須です。部族は自らの時間をかけて慎重に決定を下すことができます。

  6. 次回の投票の見通し:2026年には新たな投票が予想されており、実店舗でのスポーツベッティングに焦点が当てられると見られています。

  7. オンラインベッティングの未来:オンラインでのスポーツベッティングの合法化は技術的な問題や部族の影響もあり、予測が困難ですが、専門家は将来的には合法化されると見ています。

  8. 経済的損失:カリフォルニアはスポーツベッティングが合法化されていないことにより、毎年約5億ドルの税収を失っていると評価されています。

  9. 他州の動向:すでに39州が何らかの形でスポーツベッティングを合法化しており、そのうち30州がオンラインベッティングを含んでいます。

  10. カリフォルニアの経済的潜在力:世界第5位の経済規模を誇るカリフォルニアでは、スポーツベッティング合法化による経済的影響が特に大きいとされています。


「企業の検討点」

  1. 税収の機会:スポーツベッティングの合法化は、州にとって大きな追加税収の機会を提供します。

  2. 法的なリスクの理解:ビジネスは部族の権利と影響を理解し、法的な枠組みの中で運営を行う必要があります。

  3. 市場の可能性:スポーツベッティング市場の合法化が進めば、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性があります。

  4. 消費者行動の変化:スポーツイベントへのベッティングが合法化されることで、消費者行動に大きな変化が見られるかもしれません。


「Q&A」

Q1: カリフォルニアでスポーツベッティングが合法化される可能性はありますか?

A1: 部族の支持が不可欠であり、その取り組みが成功するかどうかは部族との関係構築にかかっています。


Q2: スポーツベッティングの合法化が経済に及ぼす影響は?

A2: 合法化により、大量の新たな税収が見込まれ、経済全体にプラスの影響を与える可能性があります。


Q3: カリフォルニアの消費者は合法的な手段でスポーツベッティングを望んでいますか?

A3: 最近話題の方は、望んでいた(る)でしょうし、多くの消費者がスポーツイベントにベットすることに興味を持っていますが、現在は法的な制約により制限されています。




コメント


bottom of page