• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ターゲット社、ピーク時に時給2ドル追加

ホリデーシーズンに向けて多くの企業が人員確保に動いている。

今年のホリデーシーズンは物不足と人員不足により、多くの企業がいち早くホリデーショッピング時期を早めるようである。


新たに雇用をすると共に、既存従業員の流出防止も考えなければならない。


賃金上昇を含め、新規雇用拡大を積極的に行う印象の強いターゲット社であるが、ホリデーシーズンに向けては新規雇用を縮小をし、既存従業員の労働時間を増加させる方針を発表している。併せて、ピーク時にシフトに就いた従業員に対して、時給を2ドル追加支給することも発表している。


対象となるのは11月20日から12月19日までの土曜・日曜、クリスマスイブ、クリスマス翌日に勤務する店舗従業員およびサービスセンター従業員、10月10日から12月18日までに勤務をするサプライチェーン部門従業員、そして一部本社の従業員も対象となるようである。


ターゲット社ではフレキシブルな就労スケジュール、シフト追加を行いやすいようアプリを開発したり、多くの人にとってより働きやすい環境を目指している。

最新記事

すべて表示