• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

物価上昇に伴う救済金

州によって制度設計や条令がことなっているものの、物価上昇に伴う救済金制度が設立されチェックが送付される場所がある。

収入によって異なる給付金が設定されている州が多い。


◦ カリフォルニア州

Single:

350ドル:7万5,000ドル以下

250ドル:12万5,000ドル以下

200ドル:25万ドル以下


Joint:

700ドル:15万ドル以下

500ドル:25万ドル以下

400ドル:50万ドル以下


◦ コロラド州

750ドル:Single

1,500ドル:Joint


◦ デラウェア州

300ドル:Single

600ドル:Joint


◦ フロリダ州

450ドル:子供1人(対象家庭のみ)


◦ ジョージア州

250ドル:Single

500ドル:Joint

375ドル:世帯主


◦ ハワイ州

300ドル:Singleで10万ドル以下、Jointで20万ドル以下

100ドル:Singleで10万ドル以上、Jointで20万ドル以上


◦ アイダホ州

納税者と扶養家族1名につき75ドル、または所得税額の12%のどちらか多い方


◦ イリノイ州

50ドル:Singleで20万ドル以下

100ドル:Jointで40万ドル以下

扶養家族1名につき追加で100ドル


◦ インディアナ州

125ドル:Single

250ドル:Joint


◦ メイン州

850ドル:Singleで10万ドル以下、Jointで20万ドル以下、世帯主15万ドル以下


◦ ニュージャージー州

500ドル:対象の約100万世帯


◦ ニューメキシコ州

250ドル:Singleで7万5,000ドル以下、Jointで15万ドル以下