top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

住宅購入に求められる収入、新たな高みへ/The Soaring Salary Requirements for Homeownership: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

新居を購入するには、アメリカでは現在、平均で114,627ドルの年収が必要であり、これはパンデミック以前と比較して50%以上の増加を示しています。


特にカリフォルニアの主要都市では、さらに高い年収が求められる状況です。


住宅市場は時給の伸びを大きく上回る住宅価格と住宅ローンの利率上昇によって高騰しました。


こうした中、企業は社員の住宅支援策を見直し、地域格差に応じた給与体系の調整が求められています。


  1. 収入急増の必要性 - パンデミック前の$72,511と比較して、アメリカ国民は新居購入に平均で$114,627の年収が必要です。

  2. 平均収入の実情 - 2022年の平均家庭年収は約$75,000であり、新居購入のための年収とは大きく乖離があります。

  3. 時給のわずかな上昇 - 過去1年間で時給は約5%上がっただけで、住宅価格の上昇に追いついていません。

  4. 住宅ローンの利率急上昇 - 2022年から2023年にかけて住宅ローンの利率は倍増し、購入コストを押し上げています。

  5. メトロエリアでの高収入要求 - 多くのメトロポリタンエリアでは$100,000以上の年収が必要です。

  6. マイアミとニューアークの状況 - これらの都市では前年比33%もの年収増が求められています。

  7. 最高額の市場 - カリフォルニア州の複数の都市で、$200,000以上の年収が求められています。

  8. 価格下落地域の存在 - 一部の地域では住宅価格が下落しており、入手しやすくなっています。

  9. 中古住宅市場の停滞 - 既存の住宅所有者が低利率を放棄せず、住宅販売が20%減少すると予想されています。

  10. パンデミックブームタウンの変化 - 遠隔勤務者が集まった都市では、必要年収の増加率が最も少ないです。

「企業の検討点」

  1. 地域格差への対応 - 地域による住宅コストの違いを理解し、地域ごとの給与体系を調整する必要があります。

  2. 人材獲得戦略 - 住宅費用の高い都市では、より高収入を求める人材を引きつけるための戦略が必要です。



bottom of page