• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

SFは赤色(Substantial)を維持

カリフォルニア州の多くの郡が紫色(Widespread)へと後退している中で、サンフランシスコは赤色(Substantial)を維持した。

COVID-19の感染者数が急増をしている背景を踏まえると、この維持という措置は期間限定の措置となり、今週中には紫色(Widespread)に後退という発表がされる可能性がある。


紫色(Widespread)に後退した場合には、以下のような措置が取られることとなる。


◦ 24時間以内に美術館、映画館、ジムや教会等の屋内活動が停止


◦ 2日以内にエッセンシャル業務の午後10時から午前5時までの営業活動が停止


◦ 屋内での集会の停止(現在は3世帯までは承認)


なお、過去1か月間でCOVID-19の感染者は3倍になっていることが発表されている。


ベイエリアでは9郡のうち6郡が紫色(Widespread)に分類されている。カリフォルニア州全土では58郡のうち41郡が紫色(Widespread)に分類されており、州の人口の約95%を占めている。

最新記事

すべて表示

昇給