• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

9月の雇用統計

US Labor Department(米国労働省)の発表によると、9月の米国での雇用実績は19.4万人増で、市場予想の50万人増加を大幅に下回った。

8月も予想72.5万人に対して実績が36.6万人(発表時の23.5万人から修正有)であり、2か月連続で予想を下回ったことになる。


9月初旬の失業保険関連の給付金打ち切りは、現時点では雇用回復に大きく結びついていないようである。


他方で失業率は4.8%となり、予想の5.1%から改善された。


業種別に見ると、レジャー・ホスピタリティ業界で雇用がを最も増加し、政府・教育関連で減少となっている。


◦ レジャー・ホスピタリティ業界:7.4万人増

◦ 専門職・ビジネスサービス:6万人増

◦ 小売業:5.6万人増

◦ 運輸・倉庫業:4.7万人増

◦ 政府・教育関連:14.4万人減

以下は上記、米国労働省の発表に先立ち、企業へ給与計算サービスを提供している米大手ADP(Automatic Data Processing)社が発表した全米雇用報告による9月の企業規模別の雇用者数増減である(米国労働省の結果とは異なるデータ元となる)。


「企業規模」

◦ 従業員数500名以上:39万人増

◦ 従業員数50名-499名:11.5万人増

◦ 従業員数50名未満:6.3万人増

最新記事

すべて表示