top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

快適な退職に必要な貯蓄額はいくら? 米国労働者のリアル:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. ノースウエストン・ミューチュアルの2023年の計画・進捗研究によると、アメリカ人労働者が快適に退職するためには約$1.27Mの貯蓄が必要と考えている。

  2. 労働者が退職のために必要と考えている金額と実際に貯蓄している金額の間には大きな格差が存在している。

  3. 退職のための貯蓄額の期待値は増加し続けており、前年に比べて$1.25Mから増加。

  4. アメリカ人の平均退職貯蓄額は「控えめに」3%増の$89,300に上昇。

  5. ジェネレーションZは退職までに十分な金銭的準備ができると自信を持っているが、年長の世代はより悲観的。

  6. ブーム世代は平均で71歳まで働く計画があり、ジェネレーションZは60歳で退職できると予想している。

  7. パンデミックの影響で労働者が生活費を賄うために貯蓄を取り崩すことが増えている。

  8. 労働者は伝統的な退職年齢を超えて働く傾向が増えており、その一因として金銭的な必要性が挙げられている。

  9. また、働き続けることで精神を活発に保ち、人生に目的を持つことができると労働者が指摘している。

  10. 企業は特に労働力を必要としている場合、高齢の労働者層をターゲットにすることを考えるべきかもしれない。

「企業の検討点」

  1. 労働者の退職に向けた貯蓄目標と現実の格差を理解し、給与や福利厚生に反映させるべき。

  2. 各世代の退職観を理解し、それに応じた福利厚生やキャリアプランを提供する。

  3. 高齢者の労働力を活用するためのプランを検討する。

  4. 労働者が退職に向けて十分な貯蓄を行えるように、貯蓄プランや金融教育を提供する。

  5. 社員の貯蓄状況や退職に対する意識を定期的に調査し、社員の準備状況と企業の対応策を見直すべき。


Comments


bottom of page