• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

レストランでの雇用、5か月連続で増加中

人手不足が継続している米国の雇用マーケットであるが、引き続きレストランでの雇用は増加している。


必要な人数が雇用出来ているわけではないものの、レストラン業界全体で5月も18万6,000人の雇用が増加した。


今年に入ってからこれまで5か月間連続で雇用が増加している。

特に雇用が増加したのは、以下の6州である。

  • カリフォルニア州:4万100人

  • ニューヨーク州:2万9,300人

  • テキサス州:2万2,400人

  • ペンシルバニア州:2万1,100人

  • マサチューセッツ州:1万6,700人

  • ニュージャージー州:1万6,100人

5月の雇用増加の結果、アイダホ数、ワイオミング州、モンタナ州、サウスダコタ州の4州ではレストランの雇用人数がCOVID-19以前の水準に戻ったようである。


言い換えれば、その他の州では未だCOVID-19以前の雇用水準には戻っていない。


現在と2020年2月の雇用水準を比較した際、特に開きのある州は以下となっている。

  • カリフォルニア州:28万9,300人減

  • ニューヨーク州:14万3,300人減

  • フロリダ州:10万1,700人減

  • イリノイ州:7万6,200人減

  • テキサス州:5万5,500人減

最新記事

すべて表示