• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

PPPと20名以下の企業限定の申請期間

バイデン政権にてPaycheck Protection Program (PPP)の一部変更が発表された。

今回のPPPでは、前回と比較をし、人種間の平等性という観点からの変更等があるものの、発表された一部変更によって特に従業員20名以下の小規模企業に対して優遇がされることとなる。


1月11日から開始されたPPPの申請でSmall Business Administration (SBA: 中小企業庁)は2,840億ドルの資金のうち、1,340億ドルのローンを承認している。昨年行われたPPPの第一弾と比較すると、10名以下の従業員の企業へ割り当てられた資金は現時点でも約60%ほど増加しているという調査結果が発表された。


中小規模の企業の救済を主な目的にしているPPPではガイドラインの変更をして、本日24日(水)から3月9日の東海岸時間午後5時までの14日間は、従業員数20名以下の企業のみがPPPの申請を行うことが可能となる期間となり、貸し手が小規模企業へのサポートに焦点を当てられるような取り組みを開始する。

最新記事

すべて表示