• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

オンラインショッピングの売り上げの増加 

COVID-19の影響によって、オンラインでの買い物がさらに普及をした。

Adobe社の発表によると2020年3月から2021年2月の1年間のオンラインショッピングの売り上げ額は8,440億ドルに達しており、前年から1,830億ドルの増加となっているようだ。


2020年ホリデーシーズンのオンラインでの売り上げが1,880億ドルであったため、増加額はこの金額に匹敵する。また、2020年のホリデーシーズンの売り上げは2019年から33%の増加となったようである。


特に増加をしたのは食料品で、前年比230%の売り上げの増加となっておりCOVID-19の影響で多くの市民が食料品をオンラインで購入するようになったといえる。


しかしながら、オンラインでの食料品の購入の増加は、実店舗の閉鎖につながり、2019年には9,300店舗、2020年には8,300店舗が閉鎖されている。


今後もオンラインショッピングの売り上げは増加傾向にあると見込まれ、2021年は9,300億ドル、2022年には1兆ドルを超過する売り上げになることが予想されている。

最新記事

すべて表示