• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

SF市はマスク着用義務免除

12月15日から開始されたカリフォルニア州での屋内でのマスク着用義務であるが、サンフランシスコ市のみ免除されている。

この措置はサンフランシスコ市でのワクチン接種率が高水準であることが要因で、対象となる住民の90%近くが少なくても1回のワクチン接種を受けている。


同様の高水準であるニューヨーク市ではワクチン接種が義務化されたのとは、対照的な措置であるところが興味深い。


以下、カリフォルニア州公衆衛生局のウェブサイトから詳細を確認することが可能である。


California Department of Public Health

最新記事

すべて表示