top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

プロスポーツの裏側:MLBと最低賃金問題:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. MLBは下部リーグの選手たちが最低賃金と時間外手当てに関する訴訟を$185Mで解決しました。

  2. この訴訟は2014年に始まり、元および現役のマイナーリーグの選手たちが、全ての働いた時間に対する賃金が支払われていないと主張していました。

  3. 彼らは春季トレーニング、追加トレーニング、指導リーグでの作業時間に対する報酬がなかったと訴えていました。

  4. また、選手たちは公正労働基準法(FLSA)に基づく時間計測および記録保持の違反を指摘していました。

  5. 2022年に訴訟の当事者は、平均的に$5,000から$5,500の回収額を提供する予定の暫定的な和解合意を発表しました。

  6. そして、2023年3月29日に連邦裁判官は和解の最終承認を行いました。

  7. 長年にわたる訴訟の末、裁判所が和解を承認したことに選手側の弁護士は歓迎の意を示しました。

  8. 選手たちは1年間の労働に対して$10,000以下の収入しか得ていなかったとの事で、この和解により彼らへの未払い賃金が支払われる見込みです。

  9. また今年4月には、MLBのオーナーたちが、新人選手に対する最低年俸$20,000を設ける新しい労働協約を承認しました。

  10. 法廷文書によれば、これまでのマイナーリーグの選手たちは年間$3,000から$10,000の間でしか報酬を得ていなかったとの事です。

「企業の検討点」

  1. 法定の労働基準はすべての労働者に対して適用されるべきであり、それを守ることが企業の義務である。

  2. 労働時間に対する適切な報酬が支払われていないと労働者から訴えられると、企業は大きな損害賠償責任を負う可能性がある。

  3. 労働者に対する公正な扱いと適切な賃金の支払いは、企業の信用と評価を保つために重要である。

  4. 労働者との間での問題が発生した場合は、迅速に適切な対応を図ることが重要。


bottom of page