top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

マクドナルドの新戦略:カフェ市場への挑戦/McDonald's New Strategy Challenging the Cafe Market:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

マクドナルドは新コンセプト「CosMc’s」を発表し、スターバックスに対抗しています。


この小型フォーマット店舗では、多彩な飲料のカスタマイズが可能で、食品メニューも豊富に揃えられています。


効率的な労働モデルの導入により、従業員のストレスを軽減しつつ、顧客満足度を高める戦略が特徴です。


  1. 「CosMc’sの革新的コンセプト」:マクドナルドが新たに展開するCosMc’sは、飲料に重点を置いた小型フォーマットのコンセプト。高いカスタマイズ性が特徴で、スターバックスに真っ向から挑戦しています。

  2. 「地域別の展開戦略」:2024年末までに合計10店舗を開設予定。主な地域はダラス・フォートワースとサンアントニオの都市圏です。

  3. 「飲料のカスタマイズオプション」:冷たい飲み物は最大9種類、温かい飲み物は最大15種類のカスタマイズが可能。例えば、ベリーハイビスカスサワーエードでは、氷の量やドライフルーツの追加などを選べます。

  4. 「食品メニューの多様性」:サンドイッチやスナック、甘辛い「Bites」など、スターバックスの食品メニューに匹敵する品揃えを提供。

  5. 「効率的な労働モデル」:従業員は複数の役割をこなせる「ストリームライン化された労働モデル」を採用し、効率的な運営を目指しています。

  6. 「カスタマイズの比較」:スターバックスはカスタマイズのオプションが多く、例えばアイストーストバニラオートミルクシェイクエスプレッソには20点ものカスタマイズが可能です。CosMc’sもこれに迫るカスタマイズ性を誇ります。

  7. 「顧客体験の向上」:カスタマイズオプションの拡大は、顧客により個人的な体験を提供し、満足度を高める可能性があります。

  8. 「スターバックスとの競争」:スターバックスは顧客のカスタマイズ要求と従業員のストレス軽減のバランスに苦戦しており、CosMc’sはこの点で競争力を持っています。

  9. 「店舗運営の効率化」:スターバックスが2024年と2025年にキッチン運営を見直す「Siren System」を導入する一方で、CosMc’sは既に効率的な運営モデルを実現しています。

  10. 「スナックメニューの拡充」:スターバックスのCMOブレイディ・ブルーワーは、午後や終日の来店促進のために新たなスナックプラットフォームの導入を計画していると発表しました。これに対抗する形でCosMc’sもスナックメニューを充実させています。

「企業の検討点」

  1. 「マーケットニッチの探求」:新コンセプト店舗による市場ニッチの確立と顧客層の拡大。

  2. 「カスタマイズの拡充」:顧客満足度を高めるためのカスタマイズオプションの多様化。

  3. 「競争戦略の再考」:既存の競合との競争において、独自の戦略で差別化を図る重要性。

  4. 「労働効率の最適化」:労働モデルのストリームライン化による運営効率の向上。

  5. 「食品メニューの革新」:飲料に加え、食品メニューの充実による顧客体験の向上。


「Q&A」

  1. Q: CosMc’sの特徴は何ですか?                       A: CosMc’sはマクドナルドによる新コンセプトのカフェで、カスタマイズに特化した飲料と食品メニューを提供します。多様なカスタマイズオプションと効率的な労働モデルが特徴です。

  2. Q: CosMc’sはどのようにスターバックスに挑戦していますか?          A: CosMc’sは、スターバックスに似たカスタマイズオプションを提供しつつ、独自のメニューと効率的な運営モデルで差別化を図っています。これにより、スターバックスの顧客層を取り込むことを狙っています。

  3. Q: CosMc’sの成功の鍵は何ですか?                      A: CosMc’sの成功の鍵は、顧客の多様なニーズに対応する高度なカスタマイズオプションと、効率的な運営モデルです。これにより、顧客体験の向上と運営の効率化を実現しています。



Comments


bottom of page