top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

マクドナルドの戦略 / McDonald Strategy:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

マクドナルドは、$5ミールディールを6月25日から全国の参加店舗で提供開始します(McDonald Strategy)。


このミールディールは、マクダブルまたはマックチキン、小さなフライ、4ピースのチキンマックナゲット、小さなドリンクを含みます。


また、毎週金曜日には「フリーフライフライデー」として$1以上の購入で中サイズのフライドポテトが無料で提供されます。


地域ごとのバリューキャンペーンも展開され、他のファストフードチェーンとの競争に挑みます。


「主要な点」

  1. $5ミールディールの内容 マクドナルドの$5ミールディールは、マクダブルまたはマックチキン、小さなフライ、4ピースのチキンマックナゲット、小さなドリンクが含まれています。

  2. 全国展開の期間限定オファー このミールディールは、全国の参加店舗で6月25日から期間限定で提供されます。

  3. 価格認識の問題への対策 マクドナルドは価格認識の問題に直面しており、この$5ミールディールを通じて顧客に明確な価値を提供することを目指しています。

  4. 「フリーフライフライデー」 2024年末まで毎週金曜日に、モバイル注文で$1以上購入すると中サイズのフライドポテトが無料で提供されます。

  5. ナショナルフレンチフライデーの特典 7月13日のナショナルフレンチフライデーには、購入不要で任意のサイズのフライドポテトが無料で提供されます。

  6. 地域ごとのバリューキャンペーン メンフィス、テネシー州、オハイオ州コロンバス、ニューヨーク西部などで地域ごとの特別バリューキャンペーンが実施されています。

  7. 他のファストフードチェーンとの競争 バーガーキングやウェンディーズなど、他のファストフードチェーンも夏のバリュー戦争に参戦しており、マクドナルドの$5ミールディールはその対策の一環です。


「企業の検討点」

  1. 顧客に明確な価値を提供 価格認識の問題に対応し、顧客に明確な価値を提供することが重要です。

  2. 地域ごとのカスタマイズ戦略 地域ごとの特別キャンペーンを展開し、地域市場のニーズに対応することが効果的です。

  3. 期間限定オファーの活用 期間限定のプロモーションを利用して、顧客の関心を引き、売上を促進します。

  4. 競争他社との比較優位性 競合他社のプロモーションを分析し、自社のオファーが競争力を持つように調整します。

  5. 長期的な価値戦略の構築 短期的なプロモーションだけでなく、長期的な価値戦略を構築し、持続可能な成長を目指します。


「Q&A」

Q1: $5ミールディールには何が含まれていますか? A: $5ミールディールには、マクダブルまたはマックチキン、小さなフライ、4ピースのチキンマックナゲット、小さなドリンクが含まれています。


Q2: 「フリーフライフライデー」とは何ですか? A: 「フリーフライフライデー」は、2024年末まで毎週金曜日にモバイル注文で$1以上購入すると中サイズのフライドポテトが無料で提供されるキャンペーンです。


Q3: 他のファストフードチェーンと比べてマクドナルドのバリュー戦略はどのようなものですか? A: マクドナルドのバリュー戦略は、全国展開の$5ミールディールや地域ごとの特別キャンペーンを通じて、競争他社に対抗しています。


Q4: マクドナルドの新しいバリュー戦略が従業員に与える影響は何ですか? A: 新しいバリュー戦略により、従業員はプロモーションの対応に追われることがありますが、成功すれば売上増加と顧客満足度向上に貢献します。


Q5: 期間限定オファーの導入に際して、従業員のトレーニングはどのように行うべきですか? A: 従業員には新しいプロモーション内容と提供方法を迅速にトレーニングし、顧客への一貫したサービス提供を確保することが重要です。


Q6: 地域ごとのキャンペーンが従業員の働き方に与える影響は何ですか? A: 地域ごとのキャンペーンは、各地域の従業員がローカルなニーズに応じたサービスを提供するための柔軟性と創造性を求められます。



Comments


bottom of page