• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

マスク着用義務

都市によっては状況が異なる場所も多いが、カリフォルニア州とニューヨーク州でのマスク着業義務が緩和された。

昨日ブログでも記載をしたが、マイクロソフト社も一部地域で2月末からオフィスの再開が開始される。


本日ウォルマート社とアマゾン社はワクチン接種をしている従業員は(各都市で義務付けられている場合を除き)業務中のマスク着用の義務を撤廃するという発表をした。


ウォルマート社、アマゾン社ともに従業員へのマスク着用を義務付けてから約2年が経過をしており、特にウォルマート社は店舗の利用者にもマスク着用を義務付けた企業である。


マイクロソフト社が従業員に送ったメモ書きに「現状のCOVID-19は地域に脅威となる存在ではなく、季節風邪のフルーと同様なものという認識となった」ためにオフィス再開を行うという記載があったようだ。


ワクチン接種有無により対応が異なっていたり、Centers for Disease Control and Prevention(CDC:米国疾病管理予防センター)は特に感染率の高い地域でのマスク着用を推奨していたりと、現状でも様々なガイドラインがあるのは事実だが、今回こそは確実にCOVID-19の状況は収束に近づいているのではないかと感じる。

最新記事

すべて表示