• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

嗜好品の大麻使用が承認された州

11月8日の選挙で、米国内で嗜好品としての大麻使用が承認された州がさらに2州増加した。

既に以下の19の州とDCで施行品として大麻使用が承認されている:

  • アラスカ州:2014年

  • ネバダ州:2016年

  • オレゴン州:2014年

  • カリフォルニア州:2016年

  • ワシントン州:2012年

  • メイン州:2016年

  • コロラド州:2012年

  • モンタナ州:2020年

  • バーモント州:2020年

  • ロードアイランド州:2022年

  • ニューメキシコ州:2021年

  • ミシガン州:2018年

  • アリゾナ州:2020年

  • ニュージャージー州:2020年

  • コネチカット州:2021年

  • マサチューセッツ州:2016年

  • イリノイ州:2019年

  • ニューヨーク州:2021年

  • バージニア州:2021年

  • DC:2015年

今回の選挙にて上記に加え、メリーランド州、そしてミズーリ州が嗜好品の大麻を合法化した。


アーカンソー州、ノースダコタ州、サウスダコタ州での合法化案は否決された。


連邦法上では違法であるため、企業は引き続き職場での飲酒の禁止同様に、薬物使用禁止のポリシーを保持することが有効である。

最新記事

すべて表示