• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

新規失業保険申請件数と解雇リスク

12月4日までの1週間の新規失業保険申請件数が発表された。

今回の結果は18万4,000件となり、予想21万1,000人を大きく下回る結果となった。


COVID-19以降で最も少ない申請者数となったが、この数値は1969年9月6日の週の18万2,000件と並び、過去52年間でも最も低い数値である。


特にここ1-2カ月間は継続して失業保険の申請件数が少なくなっている。


パフォーマンス等により解雇が必要な場合もあるだろうが、現状の雇用マーケットを考慮すると、次の候補者を見つけることが非常に困難と考える企業も少なからずある。この失業保険申請件数の背景には、解雇によるリスク(訴訟リスクと人材不足のリスク)が高まり失業件数が減少したことがあるかもしれない。