• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州ではガスカード配布

最近のガソリン代の高騰に伴い、カリフォルニア州ではガスリベートと呼ばれるプログラムが発表された。

このプログラムでは約90億ドルを予算として、カリフォルニア州で車を登録している住民に対して400ドルのガソリン代に使用が可能な資金が提供される。


各個人にはデビットカードが提供され、1人2台を上限に400ドル(最大800ドル)の受領が可能となる。


カリフォルニア州の平均的なドライバーは1年間に約300ドルをガソリン税に費やしていることから、この税金の支払い戻しを想定したプログラムとなる。


同時に公共交通機関を利用している住民に対しても、利用料を3カ月間無料とする補助金案も提案がされている。


今後数日間の間に詳細が固められ、もし承認されれば、早ければ7月にも支払いを受け取ることが可能となるようである。このガスリベートには所得制限が無く、一律に提供される。

最新記事

すべて表示