• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ガソリン代、低下中

昨日まででガソリン代は21日連続で下落をしている。

まだまだ高水準であるものの、COVID-19禍以来、最長で下落をしているようだ。


現在の米国での1ガロンの平均価格は4.80ドルであり、1週間前の4.88ドルを下回っている。


前年同時期の平均価格は3.13ドルであったため、まだ前年を大きく上回っており、多くの人が巣籠をしていた2020年を除くとガソリンの消費量は2014年以降で最低水準を記録しているようである。


つい2週間ほど前まで50州全てで1ガロン平均が4.40ドルを記録していた状況であったが、改善されつつある。


しかしながら再度上昇する可能性も指摘されており、今後も継続して価格が下落するかどうかは不明である。

最新記事

すべて表示