• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員の定着率

ウィリス・タワーズワトソン社の調査によると、現状の売り手市場、人材不足における課題が2022年も継続されるであろうと発表された。


調査対象企業のうち、73%が現在の雇用において問題が生じており、70%は2022年も問題が継続されると回答している。


以前に同様の調査が行われた際に、雇用に問題を抱えていると回答をしたのはわずか26%であり、1年間で約3倍の増加となっている。

特に雇用が難しいとされるのは、以下に当てはまる労働者である:


◦ デジタルスキルを持つ労働者

◦ 生産・倉庫の労働者

◦ ホスピタリティ・レストランの労働者


離職率を抑えるために企業が行っている対策として挙げられているのは、以下である:


◦ ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン

◦ 昇給予算の増加

◦ フレキシビリティの拡張

◦ 教育関連費用のサポート

◦ リモートワークの承認

◦ スポットボーナス・紹介ボーナスの支給

◦ 福利厚生の充実

◦ トレーニング制度の充実


従業員のエンゲージメントを高め、特に核となる従業員の離職率を抑えることが企業にとっては重要な局面でもある。

最新記事

すべて表示