top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

スターバックス訴訟: D&Iの取り組みの限界?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. スターバックスの訴訟: 白人の地域ディレクターは2018年の人種プロファイリング事件の後、その人種が解雇の原因の一部であったと主張。

  2. 賠償額: 陪審員は$60万ドルの損害賠償と$250万ドルの懲罰的損害を授与。

  3. 2018年の事件: フィラデルフィアの店舗で2人の黒人男性が他の男性と待ち合わせ中に警察に呼ばれ、不法侵入の疑いで逮捕された。

  4. 会社の対応: スターバックスはフィラデルフィア市内および周辺で事件に関与していない白人従業員を処罰。

  5. 訴訟の結果: ニュージャージの陪審員は、人種が解雇の一因だったと判断。

  6. D&Iの取り組み: このケースは、D&I目標に取り組む企業の努力が奏功しない例。

  7. 他のケース: 2021年には、評価が高い白人男性応募者が2人の女性従業員に置き換えられた。

  8. 裁判所の判断: 公平な理由で採用を行った場合、裁判所はこのようなクレームを却下。

  9. 白人の訴訟成功: 稀に、白人の原告が人種差別の訴えで裁判所で成功を収める例がある。

「企業の検討点」

  1. 事実確認: 事件のすぐ後に迅速かつ適切な内部調査を行う。

  2. 従業員のトレーニング: すべての従業員に対して継続的なD&Iトレーニングを提供。

  3. 透明性の確保: 公然とした事件に関する対応を公開。

  4. 公平な処罰: 従業員を処罰する場合は、公平かつ適切な方法で行う。

  5. 企業の取り組みの見直し: D&Iの取り組みは時折見直しを行い、必要な調整を加える。


Commenti


bottom of page